スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/--] | 子カテゴリ スポンサー広告 | コメント(-)

Michele Borghettiが逆転でSportAccord World Mind Games(Men's Draughts Checkers)を制す!

最終結果


http://worldmindgames2014.sportresult.com/Hide/en/-480/
Comp/Info/DR/EventSummary/DRM002000


1. Michele Borghetti, ITA, 15 Points,winner in play-offs
2. Sergio Scarpetta, ITA, 15 Points, loser in play-offs
3. Alex Moiseyev, USA, 10 Points
4. Lubabalo Kondlo, RSA, 8 Points

borghetti.jpg
優勝したMichele Borghetti
http://wikidames.wikispaces.com/
archives+actus+mars+avril+2012
より画像引用

Sergioが優勝するかと思われたんですが、最終6ラウンドでMicheleがMoiseyevを破りポイントが同点に。
その後プレイオフを2試合行い、Micheleが1勝1分けで1位となりました。
今年新チャンピオンになったイタリア人2人の勢いは本物ですね。
Lubabalo Kondloは終始低パフォーマンスで、2015年の3move王者挑戦もこのままでは大差で負けてしまいそう。

棋譜


ラウンド1~3(30手1時間、その後15分+5秒増加)
http://www.federdama.it/cms/images/
Pechino2014/Pechino2014.htm


ラウンド4~6(15分+5秒増加)
http://www.federdama.it/cms/images/
Pechino2014_rapid/Pechino2014_rapid.htm

※2014年12月17日現在、ラウンド6とプレイオフの棋譜はまだ追加されていません。

<感想>
Sergioの相手を打ちにくくさせる打ち回し、Moiseyevのダブルコーナーの使い方はなかなか真似できるものではないですが、非常に勉強になります。
Michele Borghettiは柔軟でとらえどころがなく、圧倒的な技量を感じました。









コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL













Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。