1つ駒損をする動きについて

「1つ駒損をする動き」に価値があると思いますか?

答えは ある です。


1つ駒損をする動きをすることで、相手の駒をこちらの都合のよいように配置できればOKだからです。


「いかに駒得を発生させるか」だけでは見えてこない良手というのがたまにあります。

「いかに駒損をするか」という考えもうまくなるには必要です。

実践のテクニックとしては、既に紹介した土台を壊せや、急がば回れがまさにそうですね。










コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL













Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...