スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] | 子カテゴリ スポンサー広告 | コメント(-)

1つ駒損をする動きについて

「1つ駒損をする動き」に価値があると思いますか?

答えは ある です。


1つ駒損をする動きをすることで、相手の駒をこちらの都合のよいように配置できればOKだからです。


「いかに駒得を発生させるか」だけでは見えてこない良手というのがたまにあります。

「いかに駒損をするか」という考えもうまくなるには必要です。

実践のテクニックとしては、既に紹介した土台を壊せや、急がば回れがまさにそうですね。

スポンサーサイト

急がば回れ

checkers次、白番、勝利をほぼ確実にするには?

遠回りしているようで勝ちに最も近い手筋。

選択肢として候補にあがりもしてなかったということ多し。

解答

ただでは転ばない

相手と並行するように駒を配置している場合、

相手が駒を取りに来ると、こちらも取りにいけるスキが生まれます。

checkers

土台を壊せ(追記)

土台を壊せ!で紹介した小技の追記。

同じ原理で状況を打開してください。

次、白番、引き分けにするには? 解答
checkers

















Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。