スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] | 子カテゴリ スポンサー広告 | コメント(-)

3moveチェッカー新王者誕生ならず!LubabaloKondlo破れる。

3moveチェッカーの世界チャンピオンの座をかけたタイトルマッチが終わりました。
最終成績はLubabaloKondloの1勝6負29引き分け。
残り4試合を全勝してもトータル成績が5勝6負29引き分けなので36試合で終了。

image.jpg
via http://bit.ly/1ghj4FL

動画(ライブ配信してた映像)


http://livestream.com/accounts/3437375/events/4298395


棋譜一覧


http://procheckers.com/wc2015/
アニメーションで自動で棋譜が動きます。
revで盤面も反転できます。
9月12日現在、32試合目までしかインデックスされていませんが、近日中に36試合の完全な棋譜がUPされます。

大会総評


MicheleBorghetti と比べるとLubabaloKondloは1枚、2枚格下でした。
挑戦権獲得トーナメントでLubabaloKondloと同ポイントだったSergioScarpettaとのタイトル戦が見たかったなぁと思ってしまいました。LubabaloKondloは大事な局面で早打ちをして敗着手を打ったり、有利な状況を五分にしてしまうなどの悪癖が終始顕在していて、ネット中継を見ていたユーザーから批判的なコメントがかなり多かったです。

映画「ボビー・フィッシャーを探して」というチェスの映画で、「ストリートチェス」は超攻撃的戦術で相手が打ったらすぐさま打ち返し、いかに相手を心理的に威圧するかという特質があると紹介されていましたが、おそらくストリートチェッカーでも同様の特質があって(LubabaloKondloの住む南アフリカの一部地域ではストリートチェッカーが行われている)、早打ちしてしまったのかなと勝手に分析しています。

ボビー・フィッシャーを探して [ ジョー・マンテーニャ ]
by カエレバ


気になった試合の分析などはまた時間があるときに記事にします。
スポンサーサイト

2015年3moveチェッカー世界一決定戦が始まっています(進行形)

3moveチェッカーの世界チャンピオンの座をかけたタイトルマッチが始まっています!

王者MicheleBorghetti (イタリア)に挑むのはLubabaloKondlo(南アフリカ)。
タイトルマッチは8月31日~9月12日まで行われる予定。
合計最長で40試合。

2015-3move.jpg
左MicheleBorghetti 、右LubabaloKondlo
via http://bit.ly/1JDlbfx

2008年チェッカー世界タイトルマッチのドキュメンタリー映画「King Me」が無料公開中!

という過去記事でも紹介したようにLubabaloKondloは極貧地域出身で、映画「スラムドッグ・ミリオネア」を体現している人物です。なんとか念願の世界一のタイトルを奪取してほしいです。

生放送


http://livestream.com/accounts/3437375/events/4298395
日本時間で夜中にやってるようです。

棋譜一覧


http://procheckers.com/wc2015/
アニメーションで自動で棋譜が動きます。
revで盤面も反転できます。

途中経過


12試合を消化し、LubabaloKondloの0勝4敗8引き分け。
ネットではワンサイドゲームになってしまうのではないかという心配の声も上がっています。

イタリアオープン2015(3move)で大波乱?!現役王者2人を抑え優勝したのはMatteo Bernini

European Cup 2015 in Checkers


European Cup 2015 in Checkersという大会が始まっています。

この大会は1回限りではなく、ヨーロッパ各地で10回ほど大会を設け、
その合計スコアポイントを競う趣旨のようです。
といっても日程が合わずに出れない人もいるようなので、合計ポイントを競うことに意味あるの?
ルールはストレイトだけでなく3moveもある様子。

詳しいレギュレーションhttp://home.arcor.de/checkers64/crosstables/2015_EU_Regulation.pdf

彗星のように現れたMatteo Bernini


EUcup 2ndstageとなるイタリアンオープン2015で大波乱が起きました。
この大会にはストレイトチェッカー王者Scarpetta, Sergioと、3moveチェッカー王者のBorghetti, Micheleが参加していたので、優勝はこの2人の一騎打ちと思われましたが、優勝したのはMatteo Bernini。

italianopen_2015_2.jpg

結果一覧(0が負け、1が引き分け、2が勝利です)
italianopen_2015.jpg
画像はItalianOpen2015より引用。

Scarpettaは大会を通して無敗でしたが、Matteo Berniniの異常な勝率の前に敗れました。
Scarpetta、Borghetti、Matteo Berniniの三者間成績を見ると、
ポイントはScarpetta(5)>Borghetti(4)>Matteo Bernini(3)となっています。
棋譜は残念ながらUPされていません。

Matteo Berniniとは何者か


Chee's blogに少し情報があったので貼っておきます。

2015-05-26_21h43_19.png
優しそう(笑)

Chee's blogでは不定期にPlayOKというオンラインサイトのユーザー強さランキングが発表されます。
たまに意味不明の女性遍歴記事もあったりしてなかなかぶっとんだサイトです。

そこの2014年の12月のランキング↓
2015-05-26_21h46_57.png
元3moveチェッカー王者Mosieyevが1位になってますが、Matteo Berniniも3位にランクされています。
今回の結果もまぐれではない(当然か)。
イタリア強すぎぃです。ほんと。

日本チェッカー・ドラフツ協会の新サイトができてた!

http://jcda.dip.jp/jp/


http://jcda.dip.jp/jp/
日本チェッカー・ドラフツ協会の新しいサイトができていました!




「活動情報」で過去に参加した大会の結果が見れたりと内容は充実しています。(棋譜は見れない)

当ブログにも書き込んでくれたことがある前会長の小俣光夫さんが亡くなられた様で、現在はボードゲーム研究家の草場純さんが会長になって活動されています。

ありがたいことにリンク集にて当ブログも紹介してくれています(リンク先がおかしくてエラーになります汗

まだ旧サイトも閲覧できるようです→JCDAトップページ チェッカー ドラフツ インターナショナル

協会立ち上げから始まりやっと軌道に乗ってきた感じですね!

非会員ながら応援しています。

リンクエラー修正してくれたらもっと応援します(笑)

[ 2015/03/15] | 子カテゴリ ニュース | コメント(1)

「双方が最善手を続ければ引き分けになる」ことについて

[mixi]チェッカーをやる意義とは? - ボードゲーム チェッカー | mixiコミュニティ
新参者ですがいきなりこのようなトピを立てさせてもらいます。
チェッカーは、8*8でも10*10でも、双方が最善手を続ければ引き分けになることが証明されていますね?
そのようなゲームをやる意義というのはどこにあるのでしょうか?
わかりやすく答えて頂ければ幸いです。

という書き込みを発見。
mixiIDは持っていないので書き込めませんが、
チェッカー好きの私が思うことPDFにまとめてみました。

https://drive.google.com/open?id=0B36ZN9CoxGOgaWJBMXBPREladXc&authuser=0

色んな所で同じような質問が出ているように思うのでその答えというか、知ってほしいことなどを書きました。
チェッカーをどっぷりやってみる!ってのが一番だけどねえ。













Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。